今年は、7月29日が「土用の丑の日」に設定されていますね。

商店街のうなぎ屋さんは朝からとてもいい匂いをさせています。

土用とは、暦の立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ18日前の期間のことで、実は年に4回以上あります。

なぜか、夏だけが有名ですね~。そして、ウナギを食べる習慣があります。

一説によると、夏の土用が有名になったのは、江戸時代の発明家・平賀源内が鰻屋から相談を受けたことが由来だといわれています。

そのころ丑の日には「う」のつくものを食べると夏負けしないという言い伝えがあり、それにならって「丑の日にはうなぎを食べよう」という広告を軒先に張ったところ大繁盛したため、他の鰻屋も真似するようになったそうです。

落語の演目「目黒のうなぎ」で主人公がウナギのおいしさに翻弄されますが、江戸前のうなぎは、おいしかったんでしょうね~

ウナギには、身体の抵抗力を高めるビタミンAや疲労回復に効くビタミンB1ミネラルDHAなどの栄養素が豊富に含まれています。

そして、身体にたまった余分な湿を取るため、湿による関節の痛みや神経痛にもよ効くとされています。

油が強い印象があるので、勉強会でこの話が出たときはとても驚きました。

日本は高温多湿の夏ですから、気候にもピッタリ合っています。昔の人は素晴らしいですね。

さらに、うなぎにかける山椒も湿気を飛ばし、殺虫や食欲増進効果があるので、相乗効果となり夏ばてを防止してくれます。


但し、ウナギの豊富な栄養や油は消化しにくいという欠点もあります。

「はり師おしゃぁの物語」の本の中で主人公が「元気がないからうなぎを食べよう!!」が逆効果になることもあるので注意が必要!と言っています。

胃腸虚弱の方や消化不良気味の方にはとても大きな負担になるので避けた方がよさそうです。

旬のものを上手に摂って季節を楽しく過ごしたいですね。


スポンサーサイト
梅雨明けは覚悟していたものの、暑い日々が続きますね。

7月26日(土)は休診をさせていただき、高田馬場で行われたセミナーに参加してきました。

このセミナーは、セルフケアのためのきゅう治療を広めるために、きゅう師がそのノウハウを勉強するためのセミナーです。

当日は、20人のきゅう師が集まっての熱くも楽しい楽しい会になりました。

「ツボは触って探す!」なんて超基本中の基本ですが、改めて体験してみると「人ってすごい!!」と感じてしまいます。

初心にかえって、目からうろこが落ちてばかりの5時間でした。

当院でも2回ほどセミナーを開催しましたが、どうしても情報を伝える事だけに集中してしまい、参加者の「楽しい!」や「おもしろい!」に応えられていない感じでした。

もっといいセミナーができるように練らなくては!


ちなみに、このセミナーはとても人気です。

全国各地から受講希望者があるためか、申込み開始から15分くらいで定員がいっぱいに。

私も、申込み時間ピッタリにクリックしてようやく参加することができました。

次回の「第10回せんねん灸セルフケアサポーター講習会」は、私がお世話になっている東京メディカル・スポーツ専門学校が会場になります。

多くのきゅう師が、「お灸女子」・「やいと男子」に貢献できますように。
7月21日(祝)のお灸セミナーが無事に終了いたしました。

祝日にも関わらず、足を運んでいただいた皆様には本当に感謝いたします。

体調不良などでキャンセルがでてしまったのは残念ですが、少人数もまたいいものですね。


使用したお灸セット。(レインボーを使いました。)

14060123250.png


このほかにも、無煙灸や温熱の異なるお灸などを試していただきました。

お灸を楽しんでいただいている様子にすごく嬉しい気持ちでいっぱいです。

質問をしていただいたり、お灸の効果を実感していただいたりと、とても有意義な時間を過ごすことができました。

普段感じている何気ない「なぜ?」が東洋医学で解決することもあったりします。

実際に手に取って使ってみると簡単で面白いものです。

まずは、2日に1回でも充分です。

ずっと長く続けていただければと思います。


そして、私自身の反省点もたくさんでました・・・・。

誤字脱字に説明不足・・・・

終わった後に、あれやこれやと課題がわんさか出てきます。


いつになるかはわかりませんが・・・次回には活かせるように準備します。

お興味のある方は、ぜひご参加ください。


覚えのない宅配便が届いたので、不思議に思って開けてみると・・・

こんな感じでした。

14053980030.png


「あれ?今の時期はお中元では?」とやっぱり不思議です。

で、しばらくして気が付きます。


「あ。。。今日って開業した日だ!!」と。


そう。にじいろ鍼灸院は、昨年の7月15日にオープンしたのでした~

うっかり忘れてた。思い出させていただいてありがとうございます。

頭の中が明日の授業と来週のお灸セミナーのことでいっぱいで・・・つい。

オープン初日に「夢がかなったね。」とお祝いされたときも「そっか夢だったっけ?」と頚をかしげました。

で、よく考えたら、17歳くらいの時に鍼灸師になって開業しようってぼんやりと描いたなぁと思い出しました。

「夢はないけど、目標ならある!」などと言う生意気な高校生でした~

恐ろしいくらい前の話です。

でも、覚えててくれている人がいるって、世界レベルの幸せ者なんじゃないかと思います。


そんな私ですが、開業して初めて体験することや感じることの多さにワクワクする毎日です。

好きで興味があって好奇心が絶えないことを仕事にするってこういうことなんだなと感慨深い日々でもあります。


「きちんと治療をする鍼灸院をつくりたい。」

「中医学をたくさんの人に知ってもらって味わってほしい。」

「後進の鍼灸師のコミュニティを広げたい。」


などの思いは、今も当初のまま新鮮に胸にあります。

1年はあっという間に過ぎ、このままいったら10年なんてすぐそこなんじゃないかと・・・震えますね~


これからも、皆様の味方になれるよう勤勉に取り組んでいきます。

2年目のにじいろ鍼灸院もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も始まりましたね。全国高校野球。

対戦表はこちら

本日より、初戦を除く試合が各会場にて行われています。みなさんの母校は何試合目ですか?


開催に先立ち、昨日、横浜スタジアムにて神奈川大会の開会式が開催されました。

台風ではなかったものの、炎天下になってしまったので熱中症や体調不良を起こしていないか心配です。

神奈川大会には、190校の高校が参加します。

もちろん甲子園への出場権は、そのうちの1校しか手にすることができません。

当院へ来院している高校球児も最後の大会に臨んでいます。

「初戦を勝ち抜いたら奇跡だ。」といっていましたが、その奇跡が起こるように祈るばかりです。

なにより、怪我がなく安全に戦ってほしいです。


まだまだ大会は続きます。

これから臨む球児にも、終えて帰ってくる球児にも、たくさんの宝物ができますように。

そして、満足のいく夏になってくれますように。


腰痛症も3回目の記事になります。

今回は、『腰椎椎間板ヘルニア』についてです。

腰痛で悩む方の3割にみられる状態といわれています。

椎間板とは、椎骨(背骨)と椎骨の間にあるクッションです。

これは、内側に髄核と呼ばれるゼリー状の内容物を線維輪と呼ばれる軟骨が外側から包み込む様な構造になっています。

このおかげで、身体にかかる重力を四方に分散できるので腰を自由に動かすことができます。

タイヤがゴムと空気の力を利用してクッションの役目をしているのと似ています。

その椎間板に大きな力が加わり亀裂が生じ、髄核線維輪から外に飛び出した状態を腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

「ヘルニア」とは、臓腑器管の1部が本来収まっているべき位置から飛び出した状態をさすので、腸が飛び出した脱調を腸ヘルニアと呼んだりもします。



≪原因≫

椎間板は加齢疲労の蓄積によって引き起こされる血行不良や酸素不足で少しずつに内部の水分が枯れた状態になります。

この現象により本来もっているはずの弾力性や伸縮性が弱くなってしまうのです。

そうなると・・・上下からの強度の圧迫刺激により、椎間板がつぶれる。線維輪が裂けて中の髄核が飛び出る。などの状態になります。

これらは、長時間の不良姿勢や重いものを持ち上げるなどでの腰椎への過度の負担、スポーツ障害、腰椎の捻挫、クシャミなどで起こります。

また、4種類に分類することができます。

(1)椎間板全体が後方に膨隆する。
(2)髄核が線維輪を破って後方に移動し、靭帯(後縦靭帯)でとどまる。
(3)髄核が靭帯(後縦靭帯)を破っているが椎間板と連続している。
(4)髄核が椎間板から遊離してしまった。


髄核が飛び出る方向によって症状に違いがでてきます。

整形外科などの専門病院で画像を撮ると詳しい状態がわかります。


≪症状≫

髄核脱出の程度、方向により腰痛下肢痛下肢の痺れ下肢の筋力低下などの神経症状が現れます。

ヘルニアが靱帯を破って飛び出すと強い腰痛は減少しますが、坐骨神経痛が起こります。

坐骨神経痛は左右のどちらか片側に起こることが多く、単に椎間板変性や椎骨の変形だけでは腰痛にはなりません。

椎間板や神経が傷ついたり刺激されたりすると痛みが出現します。

分類の(3)(4)では、3ヶ月~6ヶ月位でヘルニアが自然に吸収されることがあります。

これは、白血球のマクロファージ(大食細胞)が脱出部位を異物とみなして食べてしまうからです。

遊離型ヘルニアの30~50%で吸収がみられますが、まれに、後縦靱帯を破った脱出型にもみられます。


≪鍼灸治療≫

鍼灸治療はもともと血流の改善、体内疲労物質の除去を非常に得意としている治療法です。

免疫機構を整えることで、ヘルニアの状態を改善していきます。

また、疲労している筋肉や椎間靭帯の付近や、その部位に関係しているツボを刺激することで緊張が緩和され、椎間にかかる負担を減らします。

下肢に強く痺れ症状が出ている時は、安静の指示が出されることが多いですが、積極的に鍼灸治療を行うことで、早期の回復が見込まれる場合もあります。


気候が安定してくると活動的になりますが、ひょうんなことで引き起こされるケースも多くあります。

「ちょっと腰に違和感があるな・・・」と感じている方は、日頃のメンテナンスとして鍼灸治療をお試しください。




プロフィール

nijiiro acu

Author:nijiiro acu
神奈川県鎌倉市在住。
はり師、きゅう師、
あん摩マッサージ指圧師。
鍼灸と東洋医学が大好きです。
地域医療や鍼灸の普及に貢献できますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR