先日、参加している塾の合宿のため金沢へ行ってきました~

もちろん、北陸新幹線です。

CIMG1173.jpg


座席間がゆったりとしていて乗り心地が良く、ビジネス感が全くありませんでした。

東京から3時間弱で金沢駅に到着。

CIMG1195.jpg

北陸ってこんなに近いのね。と実感します。

もちろん、勉強のために参加していますが、フリーな時間を有効利用です!!

加賀百万石を堪能しつつ、一度は行ってみたい神社仏閣へと足を運びます。



1.安江八幡宮HP


CIMG1176.jpg

御祭神は、誉田別尊(応神天皇)と気長足姫尊(神功皇后)です。

ちょうどお宮参りのご家族が祈祷を受けられていたので、祝詞をこっそりきいてしまいました。

地域に根付いたとても静かな八幡様です。

また、厄除け・病気平癒・愛児の健康祈願や“起き上がる”から社業繁栄・商売繁盛のお守りとして八幡起き上がりが祀られています。

CIMG1175.jpg


ご朱印にも起上りの印が押されます。


2.天徳院HP

CIMG1178.jpg


加賀の歴史に深い縁のある珠姫の寺としても有名です。

お寺の方による説明があったり、からくり人形の劇が15分くらいあったりととても親切にしてくださいました。

歴史はあまり詳しくないですが、脈々と受け継がれている重みが感じられるお寺です。



3.金沢神社HP

CIMG1180.jpg


学問の神であり前田家の先祖でもある菅原道真公が祀られています。

天満宮好きとしてはたまりませんね~

兼六園近くにあります。バスなら出羽町ですぐです。

CIMG1179.jpg


こちらでも、どなたかが御祈祷をうけていました。

ご朱印は社務所でいただきます。

おっちょこちょいで丁寧な巫女さんでした。


4.尾山神社HP

CIMG1185.jpg


加賀藩藩祖前田利家を祀り創建された卯辰八幡宮を、明治6年に卯辰山から現在地に移し尾山神社としています。


CIMG1183.jpg


神門の和洋中の三様式が取り入れられた五色のギヤマンがハイカラです。

もともと、御神灯がともされると金沢の街や日本海を航海する船の標になっていたそうです。

2002年11月に尾山神社の神門の改修が完成し60年ぶりに神門最上層のステンドグラスに明かりが灯されるようになりました。

夕方からのライトアップもかなり見ものです。


こちらでは結婚式が行われていました!!

長い階段をおりるのは大変そうでしたが、近所の方や観光客などその場にいた方々が静かに温かく見つめていました。

どうぞ、末永くお幸せに!



金沢の街はバスが発達しているので、兼六園などを散策しながらでも4時間くらいで周遊できました。

次回は、加賀野菜と加賀牛を食べてみたいです!!
スポンサーサイト
当院は、皆さまからのご愛顧により、めでたく2周年を迎えることができました。

まだまだだなという思いが率直な感想です。

この思いを忘れないように、また1年頑張っていきます。


実は、2周年と言うことをすっかり忘れていました~

記念日とかの設定は苦手なんですね~

しかも当日は、専門学校でのお仕事。

忘れてしまっても仕方ないですね~で、


それを、なんと卒業生が思い出させてくれました。

学校につくなり、ミニ垂れ幕?と袋を渡してくれたのです。

サプライズだったので、あまり上手に反応できませんでしたが・・・じわじわきますね~

ミニ垂れ幕?にはお祝いの言葉を。そして袋の中にはLUSHの石鹸です。

本人からは、「ブログ乗っけてもいいですよ。」と言われたのですが・・・大切に閉まっておきます。

でもせっかくなのでちらっと。はちみつの石鹸!!

14371347200.png



まさかこんなことをしてもらえるなんて思っていなかったよ稲垣君!

先生、帰ってからちょっとだけ泣いちゃったよ。

もうしばらく仏壇に置いてからありがたく使わせていただきます。


と、いうわけで、これからも当院をよろしくお願いいたします。
7月に入り、関東での梅雨明けはまだ宣言されていませんが、連日の猛暑に身体が追い付いていきませんね。

脱水症状は、時間をかけて徐々に襲ってくるタイプのものもありますので、水分補給には気を付けたいものです。


さて、7月と言えば・・・中高生の運動部がトップシーズンを迎えています。

当院へ通ってくれている学生たちもそれぞれのシーズンが始まったようです。

通常、冬を終えると、練習メニューが鍛錬期に入り、益々身体を酷使するようになります。


「若いから、寝れば疲れなんてとれる!!」

「捻挫なんてみんなしている。気合で治る!!」

「痛みがないと頑張っている気分がない!!」

・・・など、と思っていたりしませんか?


年齢に関係なく、疲労は着実に蓄積していきます。

そしてそれは、怪我のもとになり、競技の継続が難しくなることもあります。

この時期には、これまでの疲労がピークに達していることも少なくありません。

予定通りに思うようなパフォーマンスをするためには、それ相応のメンテナンスが必要なのです。


とはいえ、朝練や午後練、その後のミーティングに掃除や洗濯・・・・

帰る頃にはほとんどの治療院が閉まっています。

自分の身体の不調に気がついても集中してケアに割ける時間が取れないのが現実です。


ですから、大きな怪我や痛みを抱える前に、予防しておくことが大事です。

月に1度でも構いません。余裕のある時期に定期的なケアをお勧めしています。

自分では気が付いていない異変を予め改善しておくと、怪我をし難いからだから、怪我をしない身体へと変化します。


特に、運動部に所属している学生は1試合1試合が本当に勝負の分かれ目です。

3年生は、最後の夏をこれでもか!と必死で過ごしています。

これまでの想いが成就するよう、納得のいくパフォーマンスができますように。






プロフィール

nijiiro acu

Author:nijiiro acu
神奈川県鎌倉市在住。
はり師、きゅう師、
あん摩マッサージ指圧師。
鍼灸と東洋医学が大好きです。
地域医療や鍼灸の普及に貢献できますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR