今回は、ちょっと特別なご朱印をいただきに伺いました。


櫻木神社HP

17201009_1229251600528849_2425736474890504304_n.jpg


ご祭神は、倉稲魂命、武甕槌命、伊弉諾尊、伊弉冉尊です。

境内にはたくさんの桜が植えてあり、ご神木も立派な山桜でした。

伺った日は、残念ながら開花していませんでしたが、満開になると紅白に染まる様子が想像できます。

で、特別なご朱印というのは、毎年3月の9のつく日(9日、19日、29日)にいただけるさくら参りのご朱印なのです。

紙での授与のみで書き入れは行っていませんが、3種類のご朱印があります。

私はお昼ごろに到着しましたが、もうすでに整理券をもらうために長蛇の列ができていました。

こんな感じ。

17155820_1229288630525146_4124825067664919084_n.jpg


1時間ほどで整理券をいただき、授与の順番が巡ってくるまで2時間ほどかかりました。

待ち時間の間、コンビニでおにぎりを購入しモサモサ食べます。

それでも時間が余るので、本を読みます。

それでも時間が余るので、ちょっとだけ来年度に向けての作戦を練ります。

天気に恵まれた良い日和だったので外で待っていてもなんとか持ちましたが、雨などの悪天候では辛いかもしれません。

近隣にコンビニや休憩所もないので車などで行くのがベストかなと思います。

毎年参拝される方によると、午前の早い時間(9時から受付開始です。)ならもう少し早くいただけるそうです。

15時くらいから整理券の列は解消されましたが、それでも授与までに2~2時間半はかかるみたいでした。

残り、19日(日)と29日(水)がさくら参りの日となります。

お参りされる方はちょっと覚悟が必要ですが、もしかすると桜が咲き始めているかも知れません。


ちなみに、翌日、失くしたと思っていた犬の服が庭の不思議なところで発見されました。

早速のご利益です。




スポンサーサイト
今年も、「かまくらの学校」様主催でお灸セミナーを開催しました。

場所は、前回と同様に「古民家スタジオ・イシワタリ」でした。(HP


「はじめてのお灸 春」と題して、春の養生や特徴、それにあった食材やツボの話です。

4月初めが一般的な日本では、1年を無事に過ごすための準備期間となります。


はじまる前はこんな感じ。
17022413_1223660891087920_3215348536248681442_n.jpg

今回は、9名の方に受講していただくので、輪になってできるようにセッティングです。

畳に座りながらというのは、当院ではできない事なのでとてもワクワクします。

紹介するツボは、取り方が難しいものもありますが、直接触れて覚えてもらうことのできるセミナーなので、参加者の皆さんにはチャレンジしていただきました。


はじまってしまうとこんな感じ。
DSC01161.jpg


18時からの開始だったので、ちょっと薄暗い部屋になりますが、それもヒーリングの一つになっているみたいで効果的です。

徐々に、慣れてくるとゆっくりとした時間に変わって、お灸の香でさらに全員がリラックスしていきました。

輪を前から見ているとその変化がとてもよくわかるので、話が長くなってしまいます。

終わりのチャイムが鳴ってもしばらくお付き合いいただきました。

話し出すと止まらないのは、なかなか治りませんね~

土曜日の夕方という貴重な時間を割いていただいたので、できるだけたくさんのお土産を渡せていたらいいなと思います。

まだまだたくさんの紹介しきれていないツボがあるので、そのあたりもやりたい!

今年も、こんな感じで外へ出ていきます。

治療院でもやらなくては!と思っています・・・思ってはいるんです。

のんびりなセミナーですが、よろしくお願いします。

プロフィール

nijiiro acu

Author:nijiiro acu
神奈川県鎌倉市在住。
はり師、きゅう師、
あん摩マッサージ指圧師。
鍼灸と東洋医学が大好きです。
地域医療や鍼灸の普及に貢献できますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR