FC2ブログ
週末を利用して、私が所属している三旗塾主宰の2泊3日の香港研修に参加してきました。

2度目の香港ではありますが、現地の病院を見学することは初めてなのでとても楽しみな内容です。

参加者16名が4班に分かれてそれぞれの施設で研修をします。

私の班は香港の上環にある大学の分院での研修となりました。

入り口はこんな感じ。

28166614_1579406098846729_2618220530170171127_n.jpg


入ってすぐの壁には、勤務されている中医師の名前と顔写真、略歴の一覧が貼られています。

中国では、鍼灸師は日本での医師と同じ資格になります。

なので、専門科や担当科目、等級制度などが導入されていて、2級から高級、修士・博士などとてもシビアな分類がされています。

この施設では、大学の医師たちが担当曜日制により交代で勤務されているようです。

27971801_1579406045513401_5791038649957002995_n.jpg

担当してくださった医師の問診室。

「中医師」と明記され、専門科が「針灸科」となっています。

27867934_1579405888846750_5505205959138643171_n.jpg

施術室はこんな感じ。

27972523_1579406028846736_3359172760599423120_n.jpg

27751857_1579406058846733_4485316780490897451_n.jpg

ペーパーシーツが敷かれていることには感動しました。

衛生観念がしっかりとされていることが伺えます。

私が留学している頃には考えられない状況です。

とはいえ、もう十数年も前なので・・・追求は無しにします。いい時代になりました。


いまは春節の時期なので患者数は少ないですが、多い時で30~40人程度が治療を受けるようです。

ひとりでこの人数を診ることはとても体力のいることなので驚きました。

そして、ほとんどの患者が、外国人である私たち研修生の見学を許可してくださったことが嬉しかったです。

医師もそうですが、患者自身もこうした状況に慣れていることが教育要項の差なのだなと感じます。

その中のお一人が、医師に対し「日本でも鍼灸をやっているのか。技術は大丈夫なのか。」と素朴な疑問をぶつけていました。

その問いに対し「日本にも長い鍼灸の歴史があって、日本人は私たちと同じくらい高い水準の知識と技術があるのよ。」と答えてくださいました。

ほんの数分前に初めて会った外国人に対し、そこまでの信頼と寛容を示していただけたことに心から感謝しました。

日本でも現場実習が義務化されるのでこの姿勢は学ぶものがあります。

短い時間ではありましたが、懐かしい気持ちにもなったりと貴重な時間になりました。

定期的にこういった研修はしないといけませんね。












スポンサーサイト
週末を利用して所属している三旗塾主宰の香港研修に参加してきました。

中華圏では、旧正月である春節の時期に在りました。

今年の春節は、本日、2月16日です。

なので空港や街中も春節のお祝いムードで高まっていました。

こんな感じ。

27752332_1579405502180122_5345441748445454318_n.jpg


こんな感じも。

27973807_1579405522180120_5135518265497730949_n.jpg

こんな感じまで。

27973732_1579405452180127_1881242817856942962_n.jpg


研修のマネジメントをしてくださった載先生は、「この時期に一緒に過ごすということは、家族や親戚と同じくらい大事な人という意味があります。」とまでおっしゃって下さり、私たちを歓迎してくださいました。

内容につきましては後日、掲載します。

まずは、

新年快楽!!



おまけ)飛行機の中から見えた富士山。

28056086_1579406238846715_9212219430045188342_n.jpg
プロフィール

nijiiro acu

Author:nijiiro acu
神奈川県鎌倉市在住。
はり師、きゅう師、
あん摩マッサージ指圧師。
鍼灸と東洋医学が大好きです。
地域医療や鍼灸の普及に貢献できますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR