ご朱印ガール 多摩川浅間神社

1日中お灸の勉強をするお灸三昧な勉強会に参加してきました。

で、そのすぐそばに神社があったのでいってきました。

多摩川で浅間神社?と思ったのですが、興味深い歴史がありました。


多摩川 浅間神社HP

ご神祭は木花咲耶姫命です。子授かりや安産祈願で訪れる方が多いです。

源頼朝が豊島郡滝野川松崎に出陣した時、夫の身を案じた北条政子が後を追って多摩川まで来た際、足を痛めた北条政子が傷をいやしていると、富士山を望める場所だと気づき手を合わせた事が由緒とされています。


鳥居の前に不浄を祓うため、車輪状の大祓詞があります。

指を挟まないようにクルクル一周まわして心身共に綺麗にします。

参拝の方がいらしたので、写真には写っていませんが、右側にあります。

18739890_1313746828745992_7732351658895427399_n.jpg


社殿は浅間神社古墳の上に建てられていて、参道の目の前を東横線が通っています。

古墳の上にあるので、思ったよりものぼりますが、青く綺麗な社殿がむかえてくれます。

18838958_1313746695412672_7195853976810718486_n.jpg


子産石と呼ばれる丸い石です。

海の岩が長い年月をかけて波で削られ丸くなり、ある日、まるで子供が生まれるように、本体の岩から離れてできるのでこう呼ばれています。

撫でると子どもに恵まれると言い伝わっているそうで、子宝石という別名もあります。

18813862_1313746722079336_8067605898252285469_n.jpg

展望エリアが用意されていて、天候によっては富士山が見えるそうです。

その手前には、巨大な水晶がのった方位版があります。

富士山を遥拝する前に、自分の干支が富士山の方角に向くように、干支の石盤をくるりと動かすと良いことがあるそうです。

18699963_1313746832079325_9200492813932487353_n.jpg


ご朱印は、途中の社務所でいただきます。

土日祭日などは込み合うため、予め書かれているものを購入します。

月替わりの工夫がこらされたご朱印なので、ついつい季節ごとに揃えたくなりますね。

毎年、6月には例大祭があり、盛大に行われるというので、興味のある方は是非。


スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

nijiiro acu

Author:nijiiro acu
神奈川県鎌倉市在住。
はり師、きゅう師、
あん摩マッサージ指圧師。
鍼灸と東洋医学が大好きです。
地域医療や鍼灸の普及に貢献できますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR